忍者ブログ
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1]  [0
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フライブルクのまちづくり―ソーシャル・エコロジー住宅地ヴォーバン環境都市を考える手引きとして最良
 本書は「環境首都」と呼ばれ、環境対策の先進地として世界的に名高いドイツ・フライブルク市のヴォーバン地区のまちづくりを紹介した本です。

 本書ではヴォーバン地区の歴史と特徴、車の使用を減らす取り組み、緑・生態系の保全、エネルギー消費、特に暖房エネルギーの節約、そして住民参加の手法を紹介しています。車を使わなくてすむような都市計画、カーシェアリング、近自然工法、建物の緑化、雨水の浸透、パッシブソーラーハウスやコージェネレーションなど、ハイテク、ローテク織り交ぜた多彩な取り組みに驚かされます。しかも、景観が美しい。人々が生き生きしている。ぜひ我が街でもと思わざるをえません。

 また、エコロジーというと技術論が先行しがちですが、本書は「ソーシャル・エコロジー住宅地」と銘打っているだけあり、社会的な側面にも充分光を当てています。不法占拠運動や協同組合の形成、議会や行政との折衝、緑の党との関係など、どのようなプロセスでそうなったのか、が詳細に分かるので大変実践的です。

 フライブルク市は人口20万人ほど。日本の多くの地方都市と同じレベルで、これだけのことが可能であることを事実として示した意義は大変大きいと思います。「環境都市」実現のための手引きとして最有力な一冊です。




PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]